カテゴリ

2010年06月15日

アホらしくて泣けてくる その2




「いじめは自治の問題である」


大人社会にも、地球上のどこにでもある





良いことじゃないけど、良いことばかりで社会を塗り固めようとした国がどうなったかは、

歴史を見ればいい



無菌室な空間に人を押し込めれば幸せになれるってもんじゃない。


滑らかな会話と美しい挨拶しか存在しないコミュニティは、不気味かつ、つまらないのだ







一方で子育てにおいても、学校教育においても、

たいていその目的は「自立」であると言われている



最近では会社においても「社員の自立」が叫ばれ、

せっせとイイ歳こいた大人に、更にイイ歳こいた大人が教育してるけど、


自分達の受けてきた教育自体に重大な欠陥があった事すら気付いてないのだから、やれやれである







毎日の研修が既に形式ばかりの馴合いだった、というバカげた事態に

いちいち目くじらを立てるほど俺はヒマじゃない。



彼らはいつだってそんな無駄をし続けてきたし、むしろ深刻なのは

このような諸々のバカげた事を、「人格の完成」とかいう偽善のもとに行ってきた点にある





「自立」の反対語が「依存」なのだから、

そもそも会社に「依存」している状態で「自立」なんてありえない




人格が完成した人を、西欧では「神」という


会社は従業員に神になれとでも言っているのか?(なれればいいけど)









「もっと依存したっていいじゃないか」





老後に詐欺のような年金と僅かな貯金と猿の額(ひたい)ほどの土地を持って

誰も訪ねてこない「自立した人」と、


短期的ならいつでも泊まりにいける知人や友人をもって「依存している人」と、どちらが楽しい人生か





考えなくても、わかるやろ







さらにつづく




この記事へのコメント
藤野さんが現在勤めてる会社の研修もバカげた事態になってるんですか?雇い主は尊敬に値する人物ですか?
オレの場合は経営陣の顔が見えない状態ですね・・・。
Posted by かんかん at 2010年06月19日 23:12
かんかん→
見ないでいいものは見なくていいかも
Posted by k at 2010年06月22日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153291300

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。