カテゴリ

2009年12月04日

シリーズ「医学論争」 インフルエンザのウソ 後編



天然痘や小児麻痺についてはワクチンが世界的に普及したことによって、

ほぼ、病気の撲滅に繋がりました



いま私が「ほぼ」と言ったのは、

現在、天然痘ウイルスはアメリカとロシアの試験管の中だけにしかいないからです




万一このウイルスがテロリストの手に渡ってどこかの都市でバラ撒かれると、

コップ半分で何千万人も死ぬことになる


ウイルスや感染症をめぐる問題は、それだけデリケートなのです





我々は古来から細菌と共に生活してきました



特定のウイルスを人為的な力で撲滅しようとした時、

成功の傍らで、何処かで歪みが出来てしまいます





かつて日本では「はしか」「おたふく風邪」「風疹」の三種類が混ぜられたワクチンを

全員が摂取しなければならないという時代がありました。


その三種混合はおかしいと言われはじめ、今では予防接種を受けること自体、

義務では無くなっています




それまで日本中でやっていたことは一体何だったのか?



みんなが無批判に医者の言うことを受け入れている時に、誰も

「本当にそれは必要なのか」と、疑問を投げかける事はしなかったのか



インフルエンザワクチンに関しても、
よく高齢者や子どもは受けたほうがいいと言われているけどそんな事はありません


ワクチンを接種すれば重症化が防げるというデータも無い。



それどころかワクチン群による死亡数の方が多いというデータならあるのです。

名目上は心筋梗塞などで亡くなっているものが、実はワクチンの副作用だったというケース。



今や「石を投げれば老人に当る」ぐらい高齢者の多い日本で、

みなさんの周りでも聞いてみるといい。


ワクチンを打ったショックで死にかけた人は、一人や二人じゃないはずです。





こういう話の流れの中で、私は医者の言うことはまず疑えと言っているのではない。


ひとりひとりがもっと勉強しておく必要がある。



自分にとって正しいと思える医者の意見を選んでいく作業は困難かもしれない。

しかし知るべき教養が欠如していると、間違った意見に流されて損をしてしまうことになります




今回のシリーズ「医学論争」では、

「そもそも完璧な健康など存在するのか?」という疑問から出発して、

権威あるデータの真実を読み解くに至りました。




医療をめぐる最大の誤解は、我々が期待していることとは裏腹に、


医者は患者の本当の利益を最大に優先するのでは無く

自分達集団の最大利益を守るような方向に向かっているという事です




私達は権威に屈せず、根拠の無い意見に流されず、

己の道は自らが定め、進んでいく。



それは健康というトピックについても同じ事です




美味しいモノを、おいしく食べるために・・・





お身体についてご不安がある方は相談に乗りましょう




お薬は出しません笑



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。