カテゴリ

2009年07月29日

信じる者は救われない



自分の能力がどれだけ発揮できるかというのは、結局のところ、

「どれだけ自分をおだてられるか」にかかっています



これは、脳科学でメディアでも注目を集める茂木さんが言われていた言葉です


「もうダメだ」と思った途端に、

本当に「もうダメな体(脳)の状態」になってしまう、と




実際、市場経済も「明日の方が明るい」と思い込ませる事で成長してきました。

現在のインドや、かつて高度成長期の日本がそうでしたね



「まだやれる、強く信じろ、出来るイメージを具現化して、行動を習慣化せよ!」


世紀の成功哲学や波動理論も、
引き寄せの法則やカーネギーの思考法も
7つの習慣やサイクル理論やその他多数の成功教示本も


それらはすべてあるひとつの同じ真理を語っています




それは…





この世は「宇宙が与えし神の律」だということ。




目の前の事実は、すべて正しい




地球が絶妙な重力関係で太陽を周るように、

星々が定められた周期で輝き、消滅するように

アナタはアナタ自身によって、そうあるべくして、あるように…



私達も宇宙のひとつとしてその存在を絶対化したとき
その無限のエネルギーはひとり一人の我が内にもある

それらはすべて自分の「思い」や「考え方」次第で、どうにでもなるのだ、と




思考は現実化する

強く思えば引き寄せられる

習慣化すれば運命が変わる



「ならば世界はもっと、幸福でもよくないか?」



きっと人の歴史では、まだ浅すぎるということなのでしょう





ともあれ茂木氏やベストセラー本による成功者の教えは、


自己評価が低い、

あるいは高くない、

または妥当な人を

強く励ましてくれる言葉だと思います


posted by K at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 賢人の知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124482389

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。