カテゴリ

2009年05月22日

ザ・クレジットクランチ 「飛び出せ!ニッポン」篇 〜その3〜



「借金はどこかで返さなければなりません」


ところが税金で返済しようにも少子化で労働人口が毎年40万人も減っている日本では、
税増収は期待できないどころか不可能です



では移民をどんどん受け入れ、経済のパイ自体を大きくするような事を
今後政府がやるかというと、

「英語の前に、きれいなニホンゴ」とか言っていたのではお話になりません



道路工事にはやれ10兆円だと予算を投入はしても、

企業を育てる投資は年間1000億円にも満たない。


そういう発想の人達が国政を担っているわけですから
今後この国の財政状態が劇的に改善するのは望み薄です





年金も、民主党の言うように全額税方式にしたところで支給される額はわずかに月7万円。


それでも2025年には破綻します





もう一度だけ確認しておきます



この国はもう、沈みかけているのではありません


タイタニックで言うなら、とっくに沈んでます




さらに言えば国家に任せておいて、
安心できることなど何一つ無いということです




つづく




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。