カテゴリ

2008年11月01日

あとがきに代えて・・・ 「kはどんなゲームをしているか?」



たまに聞かれることがあります



私が友人や知人と話していると

「いったいどこで勉強したの?」とか
「なぜそんなことまで知ってるの?」と言われることがあります



しかし例えば宝くじを買い続けている人に

「当る確率が天文学的に低い」事実の計算を教えたり
(リスクリターンの具体的な数字)、

何十年もひとつの会社で働き続けてきた人に

「アナタはたまたま失敗しなかったに過ぎない」

という事実があることを理解してもらうのは容易なことではありません



親の世代ともなると
それまでの生き方そのものを否定されたかのような錯覚にも陥る事が予測できるから、


頭ではわかっても、感情が許さない部分もあるでしょう


(詳しくは「ギャンブル必勝法」全7話
http://k-rise.seesaa.net/article/104478588.html



「仕事をめぐる誤解」全3話
http://k-rise.seesaa.net/article/106775637.html 参照)





「文明は国境を簡単に越えるが、易々と時代を越えることはない」



アインシュタインの「ラッセル宣言」が世の中に認められたのは
彼が死んで40年後でした


デカルトの「方法序説」に時代が追いついたのには、世紀をまたいだ




「300万で10億つくる至極の投資法」に示したような未来は、

したがって今を生きる者にとって、なかなか予見のしづらい内容かもしれません



しかしこの劇的に移り変わっていく社会の中において、

成熟したマーケット、経済のグローバル化、
衰退期に入った日本社会は

新たな革命とそれにむけた時代の慟哭を刻々と脈打ち、
今、すべからく我々はこの革命の時代を歩んでいかなければなりません



もし投資初心者や知識に覚えが無いという方はこの機会に
マネーについての考え方の転換と、ファイナンスについての知識をつける
ひとつの「きっかけ」としていただければと思います




「明日は我が身」と心得えねばなりません


ホリエモンも村上ファンドも、
ミセスワタナベもBNFも、

失われた10年も、到来した大恐慌も、

いま起こっているのは、私達のほんの身近なリアルな出来事なのです




私は、日本に生まれたことを憂いもします、が、誇りにも思っています

同時に、誇りには怖れが伴わなければ、意味がないとも思う



おのれ一人で出来ることなど実に小さなものであり、

一個人が何かを成し得る場合には大勢の助力と、

何より「時代の力」が必要だと強く感じてきました




我々は日本という国に生まれただけで(経済的には)
超ラッキーだと、もっと自覚が必要です

本当の貧しさとは「明日を生きる食べ物やマネーが無い」日常をいいます




日本には海外ではありふれた子どもの物乞いがいません

私は日本人として、それを何より誇りに思います





このブログは・・・


少なくとも毎日覗いてくれている100名ほどのみなさんには
経済的な悩みから開放された、自由で幸せな時間を生きて欲しいと願い、

そしてそれは早くからはじめるにこした事がないとも思えたからこそ


言葉も余り選ばず、

人が言いたがらない事でも、

ダイレクトに自分の言葉で、
(コメントが異常に少なくてもめげずに笑)書いてきました




人はお金の心配がなくなると、自由になる、選択肢が増える、
ストレスの大半から開放され、豊かになれる、優しくなれる、

何より他の人や周りに与えることができる

それは幸福の近道であり、楽しい時間が増える




確かに「無い・足りない」事の幸せも多くあるけど、

それは持てぬ者(諦めた者)の、「最大の言いわけ」です





私が証明します



たかだか社会人4年目の私でここまで出来たのだから

みなさんに出来ないわけがありません



しかし、この越えがたい一線も大人の個人的な怠惰で、いつでも決壊しうる



そのことをいつも、忘れないようにしよう・・・




200810111744000.jpg



この記事へのコメント
ブログ読んでて、
いつまでも「自分の事」ばっかりじゃダメだってつくづく思いました。
Posted by ヒライデ at 2008年11月05日 00:19
ベクトルが自分に向いてると、
人は幸せになれません。

なぜなら「自分」は、いつまでも満たされる事が無いからね…

きっと小室さんはこの教養が欠けていた
Posted by k at 2008年11月05日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。