カテゴリ

2008年09月20日

仕事をめぐる誤解 〜好きを仕事に幻想〜



「好きなことを仕事にできたら・・・」

そう考えなかった大人は、まずいません


しかし現実には
そうはなっていないようです


みんな諦めてしまったんでしょうか?



違います。



「好きなことを仕事に・・・」
という前提が、そもそも間違っているのです




好きなことを仕事にするのは無理!
と言っているのではありません

仕事にする以上、好きか嫌いかは関係なくなる。
と、言っているのでもありません



2つの異なったレベルの「好き」を、
ごちゃごちゃにして考えるから、議論が混乱するんです




わかりやすく言うとね、

例えばあなたは絵を描くのが大好きだとします


そしてそれを仕事にできたら・・・
と思っているのであれば、


一、1枚5万円で売れる絵をいつでも、何枚でも描けるのであれば、
あなたはその道で生きていけます


二、1カ月かけて描いた絵に、
たとえ1万円でも買い手がつくかどうかすらわからないようなら、
あなたは断念すべきです





「好きなこと」には2種類あります


それを仕事にできるかどうかの判断は
それ(好きなこと)が、

「充分な生活費を稼げるレベルかどうか」

だけを考えればいい



つまり、食える「好き」か、食えない「好き」か



歌手、ダンサー、役者、アーティストその他諸々・・・
自分の立場で置き換えてみてください

絵が次々と高値で売れるか
それとも絵の具代にもならないか

みなさんの場合はいかがか?




しかし社会に出ればわかるとおり、
好きでないことで生きる道なら無数にあります


「1カ月いくら」で、自分の労働力を売ればいい


実際、サラリーマンはみんなそうしてる




では、「好きなこと」を仕事にできて、かつ
「自分の望むような形で仕事をする」
にはどうしたらいいでしょうか?




もちろん方法がないわけではありません




それは・・・





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。